「SDGsボトムアップ・アクションプラン 2020春版」英訳

クライアント:SDGs市民社会ネットワークさま

© SDGs市民社会ネットワーク

背景

一般社団法人 SDGs市民社会ネットワーク(略称 SDGsジャパン)さまは2020年春に、市民社会からの政策提言集『SDGsボトムアップ・アクションプラン 2020春版』を作成されました。

これは、日本政府が毎年発表する『SDGsアクションプラン』を市民社会ならではのボトムアップの立場から補完し、誰一人取り残さない社会の実現のための施策を提案しています。

・ SDGsを理念とした政策の立案・実施・評価のあり方を提起
・ 政府が示す日本のSDGsモデルの三本柱に対する、ボトムアップの三本柱を提示
・ 新型コロナウイルス感染症対策で重視すべきSDGsの視点の提起

「SDGsの全体政策について」(パート1)と「各優先課題への政策提言」(パート2)の2部構成となっています。エコネットワークスではパート1全文とパート2の抜粋の英訳をご支援しました。

アプローチ

日本語から英語への翻訳は通常、必要な紙面スペースが2倍近くになるため、原文の意味を正確かつコンパクトに訳すことが必要になります。サステナビリティレポートなどで日本語と同じ紙面スペースで納めるスキルを活かし、フォントサイズをできるだけ下げないよう、調整しました。

成果

SDGsジャパンさまは、持続可能な世界の実現を目指して2016年に設立された、日本のCSO(市民社会組織)・NGO・NPOが中心のネットワーク組織です。SDGsの達成に関心の高い、民間企業、研究機関、国際機関、政府、自治体などとの連携を進め、130余りのCSOと活動しています。英語版は今後、国際的な市民社会ネットワークへの活動報告ツールとしても活用されるとのことです。

SDGsの普及啓発に向けて、今回のアクションプラン以外にも書籍「そうだったのか。SDGs 2020」や子ども・若者向けのハンドブックなど、さまざまなツールを公開されています。
下記のサイトよりぜひご覧ください。

SDGs ツールキット/Toolkit
https://www.sdgs-japan.net/toolkit

このエントリーをはてなブックマークに追加