ESG評価を踏まえた情報開示のご支援

クライアント:メーカー様

背景

ESG評価機関による要請は年々厳しく、複雑になってきており、それらの要請を社内の関連部署に正確に伝え、取り組みや情報開示に反映させるのは容易ではありません。特に、評価機関からの要請には専門用語も多く、そのまま社内の部署に伝えたのでは、情報が上手く伝わらず、次年度以降の取り組みや情報開示に適切につながらない可能性もあります。

アプローチ

複数の評価機関からの要請を整理し、業界特性やサステナビリティ戦略を踏まえた上で、自社として優先度の高い項目を特定し、社内の関連部署の方にもわかりやすいように、他社事例のベンチマークや具体的なコメントの準備をご支援しました。

成果

評価機関の要請は複雑かつ領域も多岐にわたるため、一度に全てを社内に伝えようとしても、なかなかじっくり見て頂くことは難しいかもしれません。今の自社にとっての優先事項を見極めた上で、取り組みや情報開示に効果的に反映させていくアプローチを一緒に考えていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加