サーキュラーエコノミー(CE)の海外事例分析、事業への導入

クライアント:メーカー様

サーキュラーエコノミーの原理を取り入れた製品やサービスの事例からその成立要素や課題を整理し、自社事業へのヒントについての分析を行いました。

背景

CEの考え方は欧州では広く知られており、すでに製品やサービスにも取り入れられているものがありますが、日本ではまだあまり馴染みのない考え方かもしれません。 今回は、ある日本のメーカー様から、海外企業によるCEを取り入れた製品やサービスの事例を分析し、その成立要素や課題を整理してほしいとのご相談をいただきました。

アプローチ

CEの取組みが進んでいる欧州企業を中心に、さまざまな事業カテゴリーから事例を収集し、各事例について、顧客視点、事業者視点、CE視点における価値と課題を抽出しました。その上でCEをパターン分けし、各パターンについて、ビジネスとしての成立要素を分析、整理しました。

成果

CEの概念に関して整理したものはすでに多くありますが、それらを具体的に自社の製品やサービスに取り入れる際には、さまざまな観点から価値と課題を分析する必要があります。 自社の製品やサービスのCE化をご検討されている企業様は、ぜひご相談ください。実現するには何が価値となり、課題であるのか、一緒に考えていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加