モビリティにおけるサーキュラーエコノミーの事業モデル分析

クライアント:グローバルメーカー様

背景

脱炭素のカギを握るサーキュラーエコノミー

日本をはじめ、世界では2050年に向けた脱炭素社会への動きが加速しています。企業においては製品やサービスの脱炭素化をどのように進めていくかが喫緊の課題となっていますが、その一つのカギが、排出削減のシナジー効果が期待されているサーキュラー型のビジネスモデルへの転換です。またサーキュラーエコノミーに取り組むことは、競争力を高めることにもつながります。

今後サーキュラーエコノミーをどのように自社に取り入れていくことができるかを考えたいとご相談をいただきました。

アプローチ

海外モビリティ業界の事例を調査

今回は海外のモビリティ業界を中心に、サーキュラーエコノミーの考え方を取り入れた製品やサービスの先行事例を収集しました。欧州、米国、アジア、アフリカなど多様な地域の事例を20以上集め、フレームワークを元に整理・分析することで、価値創出とビジネスモデル構築の観点から考察を行いました。

成果

多様な事例から示唆を抽出し、自社の取り組みフレームワークに反映

自社の事業展開や販売戦略へサーキュラーエコノミーの原理を取り入れるにあたり、海外の先行事例を見ていくことは有用です。

サーキュラーエコノミーを導入するフレームワークをどのように構築していくのか、一緒に考えていきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加