カーボンインセット バリューチェーンを通じた排出削減

2022 / 9 / 5 | 執筆者:立山 美南海 Minami Tateyama

世界的に活発化するカーボンオフセット(Carbon offsetting)。しかし、本質的な排出削減につながっていないのではないか、排出の「免罪符」になっているのではないか、といった指摘もあります。

こうした中、「カーボンインセット(Carbon insetting)」という概念が注目を集めています。

カーボンインセットとは?

International Platform for Insetting(IPI)によると、カーボンインセットの主な特徴は以下の3点です。

・バリューチェーンへの働きかけを通じて、GHG排出削減やCO2回収・貯留を推進する
・特にリジェネラティブ農業やアグロフォレストリーなど、自然を基盤とした解決策(Nature-based solutions)を通じて上記に取り組む
・排出削減と同時に、地域社会や自然環境、生態系にもポジティブな影響をもたらす

英単語のinsetとは、「内部に取り込むこと」を意味します。自社とは無関係の「外」からクレジットを購入して自社の排出を相殺するオフセットとは異なり、カーボンインセットとは、自社のバリューチェーン(上流・下流の両方)の「中」で排出削減に取り組むことをいいます。インセットにより削減された排出量がクレジットとして他社に販売されることはありません。

企業の取り組み事例

すでにインセットの取り組みを実践している企業もあります。

例えばフランスの化粧品会社L’Oréalは2016年から、西アフリカのブルキナファソでシアの木の実の収穫を行う女性のエンパワーメントに取り組むNafa Naanaを支援しています。シアの実から得られるシアバターは、肌を保湿・保護する効果があり、L’Oréalの化粧品にも使われています
シアバターの加工工程では、バターの抽出のために伝統的な薪ストーブが使われていましたが、薪を集める労力や森林伐採、燃焼によるCO2排出、煙による健康問題などの課題がありました。
L’Oréalは、収穫に携わる女性たちに新しいストーブを提供することで、これらの問題を同時に改善しています。

ネスレグループのブランドの一つであるネスプレッソは2014年から、コーヒー農園やその周辺への植林を支援しています。これにより、生物多様性の保全や土壌の改善、炭素隔離が促されるほか、涵養林が育つことでコーヒー農園の土壌侵食の防止や水資源の確保にもつながっています。さらに果樹を植えることで、コーヒー農家の新たな収入源も創出しています。

カーボンインセットのこれから

IPIは、インセットに取り組む組織向けのガイドラインを公開しています。バリューチェーン全体を視野に入れ、環境・社会課題に取り組むことの重要性が高まる中、カーボンインセットの動きは今後さらに広まっていくかもしれません。

こちらの記事もあわせてご覧ください:
WBAが生物多様性に関するメソドロジーを公開 指標化に向けて
大切にしたい「気候正義」 企業・個人ができることは?
原産地と消費者をつなぐ責任

Photo by Annie Spratt on Unsplash

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。

【募集終了。満席となりました】(2021/5/11更新)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する