企業のオープンな情報開示 ユニリーバのレポートから

2021 / 5 / 26 | 執筆者:EcoNetworks Editor

今年に入り、ユニリーバのサステナビリティ・サイト(英語版)がリニューアルされました。2010年に導入された「ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン(USLP)」が、2020年に完了し、今年から新しい戦略へ移行したのと同時に、ウェブサイトも新しくなったようです。

そこで、これまでの中期計画の総括と、次の中期計画の情報をどのようにまとめているのかを見てみました。

ユニリーバは、サステナビリティレポートをPDFのような形では作成せず、ウェブサイトでの情報開示のみとなっています。

新しいサイトは、今年から始まる新しい中期目標(Climate actionを始めとする10項目)に合わせて構成されています。各項目をクリックすると、その中に「Strategy and goals」があり、新しい中期目標の詳細が記載されています。

一方、USLPの10年間の総括はPDFにまとめられています。このPDFでは、インフォグラフィックを使って、全ての目標の達成率が一目でわかるようになっています(P4参照)。

ここで驚いたのは、Waterの項目の目標「消費者が商品を使う際の水の使用量を2020年までに半分にする(試訳)」の達成率が「0%」、つまり全く達成できなかったとなっていることです。0%となった背景については、後ろのページ(P18)に「2010年より水を多く使用する製品が増え、取り組みの進展が相殺されてしまった」旨が記載されています。

もう一つ印象深かったのが、Key learningsのページです(P5参照)。上手くいかなかった点を振り返り、そこから得た学びが記されています。

We underestimated how challenging it would be to help the majority of consumers change their behaviours to embrace more sustainable ways of living.
より持続可能なライフスタイルを取り入れるよう、多くの消費者に行動変容を促すのがいかに難しいかを過小評価していた。(試訳)

ネガティブな内容を率直に伝えることで、企業の真摯な姿勢が伝わります。こうした発信から 読み手が受け取るメッセージは、必ずしもネガティブなものではないように思います。センシティブな内容を扱う時は使う単語や表現に注意が必要ですが、こうしたオープンなコミュニケーションが進んでいくよう、翻訳の側面から応援していきたいと思います。

(翻訳者、翻訳コーディネーター/ Yasuko Sato)

Photo by Leon on Unsplash

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。

【募集終了。満席となりました】(2021/5/11更新)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する