Race to the top:サステナブルな社会を目指す競争

2021 / 2 / 26 | 執筆者:立山 美南海 Minami Tateyama

先日ある翻訳をしていた時に、“Race to the top”というフレーズが目に留まりました。直訳すると、「頂点への競争」です。

“Race to the top”をフレーズ検索してみると、サステナビリティの文脈では次のようなものが見つかりました。

下記は、ロイターのある記事のタイトルです。

Benchmarking has started a race to the top on human rights reporting

(試訳:ベンチマークを通じて、人権分野の情報開示における「頂点への競争」が始まる)

また、サステナビリティに特化したメディアTriplePunditにも、このキーワードをタイトルに含む記事がありました。

The Race to Establish ESG Reporting Standards Must Be a Race to the Top

(試訳:ESGレポーティング基準の創設における競争は、「頂点への競争」でなければならない)

こうして使用事例を見ると、”Race to the top”は、「競争を通じて、全体としてより良い方向に向かう」というニュアンスであると推測できます。

それとは逆に、“Race to the bottom”という表現もあります。日本語では通常「底辺への競争」と訳されるこちらは、ネガティブな文脈で使われます。もともとは経済用語で、「規制緩和などにより、労働基準や自然環境などが最低水準へ向かうこと」と定義されています。

上記の定義をもとに「頂点への競争」を定義するとすれば、「規制の厳格化などにより、労働基準や自然環境などが最高水準へ向かうこと」と言えそうです。実際に、“Race to the top”は、各種規制や基準が厳格化する中で、それらを遵守しつつ、高みを目指して競争する、という文脈で使われることが多い印象を受けます。

TriplePunditの記事タイトルにもあるように、ESG基準が乱立しているという批判も聞かれますが、一方で、企業のサステナビリティへの関心が高まり、ポジティブな競争が生まれつつあるのも確かであると感じます。また、Better Alignment Projectなど、基準をまとめる動き(コンバージェンス)も出てきています。今後、各種基準がどのように集約され、どのような「頂点への競争」が生まれてくるのか、引き続き注意して見ていきたいと思います。

Photo by Pexels via Pixabay

●関連ブログ

底辺 への競争を超えて “エシカル”の意味を問い直す

抑えておきたい サステナビリティ情報開示 統合化の動き

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。

【募集終了。満席となりました】(2021/5/11更新)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する