この10年間の生物多様性

2020 / 10 / 25 | 執筆者:EcoNetworks Editor

2020年9月15日に、国連生物多様性条約事務局から『地球規模生物多様性概況第5版(GBO5)』(原題:Global Biodiversity Outlook 5)が発表されました。

ちょうど10年前の2010年に、第10回生物多様性条約締約国会議(COP10)が愛知で開催されたのですが、その際に「自然との共生(Living in harmony with nature)」という2050年までの長期目標(2050 Vision)のもと、「愛知目標(Aichi Biodiversity Targets)」が採択されていました。愛知目標は20の目標(Target)から成り、各目標が“2020年までに○○する”という内容(ただし、一部の目標は2015年まで)であったため、今回のGBO5はその達成状況をまとめた内容になっています。

その結果、20の目標のうち、完全に達成されたものは残念ながら1つもないことが判明しました。部分的に達成された目標は6つ。残りの14は未達成です。特に達成するどころか逆に悪化していることがわかったのが、目標5〔自然生息地(森林など)の劣化と分断を減少させる〕、目標8〔汚染(過剰栄養など)を有害でない水準に抑える〕、目標10〔気候変動や海洋酸性化の影響を受ける脆弱な生態系(サンゴ礁など)への人為的圧力を最小化する〕、目標12〔特に最も減少している絶滅危惧種の保全状況を改善させる〕でした。

GBO5全文ファイルを見ると、それぞれの目標がどの「持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)」に対応しているかも示されています。

今後のポスト2020目標については、既に検討プロセスが行われており、中国雲南省の昆明で開催されるCOP15で採択される予定となっています。COP15は、今年開催される予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で来年5月に延期が決まっています。

タイトルに「5」が付いていることからわかるように、本書はGBOの5冊目にあたります。エコネットワークスでは、これまでに発行されたGBO3(2011年)とGBO4(2015年)の日本語版制作をお手伝いしており、地球上の生物多様性が保全に向かっているかに注目してきました。今後の動向も引き続き注視していきます。

(五頭美知/翻訳者)

Photo by Marcello Rabozzi via Pixabay

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。(2020/10/13 現在、募集は終了しています)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する