コロナ禍対応の中心に人権を

2020 / 8 / 27 | 執筆者:EcoNetworks Editor

新型コロナウイルスはいまだ収まる気配を見せず、拡大を続けています。それに伴い、医療・健康面の影響に加えて、失業者の増加や不平等の拡大、差別などの社会的な問題も指摘されています。

国連環境計画(UNEP)は8月20日、『Human rights, the environment and Covid-19 key messages』と題したレポートを発表しました。

冒頭には次のように書かれています。

…we must protect rights to a safe, clean, healthy and sustainable environment upon which we all depend for our health and wellbeing.
(あらゆる人々の健康やウェルビーイングは、安全・健全で汚染されていない持続可能な環境にかかっており、そうした環境で暮らす人々の権利を私たちは守らなければならない。)

ここで言う「環境」には、地球環境の意味合いに加え、住生活環境のニュアンスも含まれています。UNEPはこれまでも、健全な環境は人権を享受するために不可欠な要素だとして、環境権(良好な環境の中で生活を営む権利)の重要性を主張してきました。

またUNEPは今回のレポートの中で、コロナ禍の影響を特に受けやすい貧困者や社会的に不利な立場にある人々を守るためにも、コロナ対応の際には「人権を根底に置く」ことが必要と述べ、加盟国や企業に求められる取り組みを8つのキーメッセージとして伝えています。

  1. Fulfill the right to a healthy environment
    (健全な環境で暮らす権利を守る)
  2. Re-think our interactions with nature
    (自然とのかかわりを見直す)
  3. Protect those living in poverty or subject to discrimination
    (貧困者や被差別者を守る)
  4. Strengthen environmental rule of law and protect environmental human rights defenders
    (環境分野における法の支配を強化するとともに、環境人権保護活動家を守る)
  5. Guarantee meaningful and informed participation
    (十分な情報を提供した上での意義ある参画を保障する)
  6. Minimize the harmful impacts of medical waste
    (医療廃棄物の有害な影響を最小限に抑える)
  7. Build back better
    (「より良い復興」を実現する)
  8. Learn from the COVID-19 crisis
    (コロナ禍から学ぶ)

コロナ禍がもたらした社会的な影響は、単にウイルスの感染拡大を食い止めるだけでは解決されません。人権を起点に物事を考えることで、コロナ禍で新たに生じた問題だけではなく、”Build back better”とあるように、コロナ以前からあった課題の解決にも近付けるかもしれません。

このUNEPのレポートがそのためのガイドラインとして広まっていくことが期待されます。

※英文下の括弧内は試訳です。

(立山美南海/翻訳者、翻訳コーディネーター)

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する