NYブルックリンの生協の民主的な運営

2020 / 3 / 3 | 執筆者:二口 芳彗子 Kazuko Futakuchi

ニューヨーク、ブルックリンのパークスロープ地区にあるフードコープ(生活協同組合)「パークスロープ・フードコープ(PSFC)」の存在を最近知りました。PSFCのミッション・ステートメントに、その特徴がよく表れています。

Good Food at Low Prices
for Working Members
through Cooperation
since 1973

「よい食べ物を低価格で」の次に来る「働く会員のために」というフレーズ、びっくりしませんか? 会員マニュアルを読むと、4週間に一度、2時間45分の労働が割り当てられています。もちろん専従の従業員もいるのですが、労働力の75%は会員によって提供されています。ホームページに Shift Swap のアイコンがあり、メンバー間同士でシフトを交代できるようです。

重要な決定は総会で決められますが、例えばビールや食肉を置くかどうかの決定は全員投票を行い総会で承認する、とあります。

PSFCの運営は、会員が3つのステークホルダーの役割を担っています。会員として、権利を行使し組織の決定に参加する。顧客として、組織が提供する価値を受け取り、対価を支払う。労働者として、事業運営を支え、課題があれば自らその解決に取り組む。それぞれの立場を経験することで、対立構造がなくなり、本当の意味での「協力」が生まれていくのではないでしょうか。

例えば「大好きなビーツがすぐ売り切れになるのは困る!」と顧客として思ったら、「仕入れ先や仕入れの頻度を増やせないだろうか?」と考え、よい生産者さんはいないか調べたり、ほかの会員に聞いて回ったり、と不満を解決しようと行動に移せます。単なる顧客だったら、苦情を言って終わり、改善しなければほかのお店に行く、となりがちで、会員(顧客)のエンゲージメントを強化するうえでも効果的です。

調べていくうちに、2002年からPSFCの会員という方の日本語の記事を見つけました。楽しみながらこの場を共創している様子がよくわかります。私も買い物に行ってみたくなりました。

 

Asahi Shinbun GLOBE+: アメリカで最も成功した生協は「働かざる者買うべからず」で発展した(2019年8月25日)
https://globe.asahi.com/article/12647639

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。

※ 2019-20年講座は、受講のお申し込み受付を終了しました(2019/12/1)。

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する