「変動」から「非常事態」へ

2019 / 11 / 22 | 執筆者:Yukiko Mizuno

2019年も残すところあと1ヵ月あまり。その年の世相や空気、関心事を表わすWord of the Year(今年の言葉)が発表される時期になりました。このブログの執筆時点では、主な英語辞書サイトから三つの言葉が発表されています(カッコ内は仮訳)。

英オックスフォード大学出版局climate emergency(気候の非常事態)
コリンズ英語辞典climate strike(気候ストライキ)
英ケンブリッジ大学出版局upcycling(アップサイクル)

(upcyclingについてはこちらもご参照ください。)

環境に関わる言葉が並んだこと、特に気候問題に関する言葉が二つ選ばれたことは注目に値します。世界中で異常気象がもはや日常的に感じられ、若い世代が声をあげて大人に行動を求める――そんな1年を総括する言葉が選ばれたように思います。

オックスフォード大学出版局の分析によれば、climate emergencyの使用頻度は2019年に急増しました(9月の前年比で100倍以上)。2018年のデータでは、emergencyと一緒に使われる頻度が高かったのはhealth、hospital、familyなどでしたが、今年はclimate emergencyという使われ方が最も多く、2位のhealth emergencyの3倍以上に達しました。

Climateと一緒に使われることによって、emergencyという言葉の意味にも新たな広がりが生まれています。従来は個人の健康が「緊急」、「危機的」である場合に用いられることが多く、国や自治体の「非常事態宣言(the declaration of a state of emergency)」などにも用いられてきましたが、climate emergencyというとき、emergencyはもっと広く、「地球規模」の非常事態を表わします。

今年のオックスフォード大学出版局のWord of the Yearでは、最終選考に残った言葉も、気候を中心に環境に関するものばかりでした(カッコ内は仮訳)。

Climate action(気候行動)
Climate crisis(気候危機)
Climate denial(気候変動否定論)
Eco-anxiety(環境不安、環境問題心配性)
Ecocide(エコサイド、環境の大量破壊)
Extinction(絶滅)
Flight shame(飛び恥、フライトは恥)
Global heating(地球酷暑化)
Net-zero(ネット・ゼロ)
Plant-based(植物由来)

これらの言葉から、(否定論者もいまだに存在するものの)気候の「変動」は、今や早急な行動が求められる「危機」であり「非常事態」なのだという緊張感が伝わってきます。ひるがえって日本では、こうした気候危機への危機感が薄いように感じられます。まず危機感を持つこと。そしてそれを行動につなげることが今、皆に求められています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。

※ 2019-20年講座は、受講のお申し込み受付を終了しました(2019/12/1)。

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する