どう表記する? 会社名の英語表記

2019 / 7 / 25 | 執筆者:EcoNetworks

会社名はレポートの中で必ずしも正式名称をそのまま使用しなければならない、というものではありません。

例えば、マークス&スペンサーのレポートでは、Marks & Spencerという表記が数回登場する以外、同社のロゴでもあるM&Sと表記されています。CitibankはCiti。また、Twitterは社名と提供するサービスの名称が同一ですが、文脈で判断できるからなのか、特に使い分けはしておらず、社名もサービス名もTwitterと表記しています。

IKEAはすべて大文字で表記しており、このような表記をall capsといいます。目立つという利点はあるものの、大文字は小文字より読むのに時間がかかり、文書内で多用されると読みづらいというデメリットが発生します。IKEAは4文字なので、読みづらさはありませんが、社名があまりに長い場合は読み飛ばされかねません。(みなさんも大文字だらけの文章を読み飛ばしたこと、ないでしょうか?)

また、all capsは shouting と言って、押しつけがましい印象を与えるという側面もあります。レポートの内容そのものよりも、社名が強調されてしまう印象も否めません。

その押しつけがましさを日本語で表現するとこんな感じです。
(ENWのウェブサイトより)
「国内外の環境・社会・サステナビリティにまつわる動きや新しい働き方に関する情報を、エコネットワークスならではの視点でご紹介します。」

自社のウェブサイトでこんな風に社名を強調することに意味があるでしょうか?(*注:実際のウェブサイトでは、強調していません。)これが一度でなく、何度も出てきたらどんな印象を受けるでしょうか。

海外では、社名を登記する際に、大文字でしか登記できない場合があります。ただ、登記が大文字でも、社内外でどのようなキャピタリゼ―ションを使用するかは自由です。たとえ登記がECONETWORKS CO.だったとしても、業務では、EcoNetworksという表記を使用することができます。

大切な社名の表記。読者の読みやすさへの配慮も常に心に留めておきたいと思っています。

(翻訳者、翻訳コーディネーター/ Yasuko Sato)

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。

※ 2019-20年講座は、受講のお申し込み受付を終了しました(2019/12/1)。

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する