翻訳チェックを考える~ミスのない訳文を目指して

2018 / 4 / 30 | 執筆者:EcoNetworks


Photo by b r e n t

翻訳にはチェック工程がつきものですが、確認する項目や方法が各担当者任せになっていたり、案件によってまちまちだったりといったケースも少なくないのでは。
これはつまり、時と場合によってチェックの質や結果が違ってくるということです。これでは信頼にたるチェックができているとは言えないかもしれません。

改めて翻訳チェックについて考えたいと思い、先日地元の名古屋での勉強会に参加しました。

会の冒頭、いくつかの質問が投げかけられました。

「何をチェックしていますか?」
「どういう方法、順番で?」
「なぜその方法、順番なのか?」
「判断基準は?」

これらの問いに明確に答えられるように、勉強会では、まずチェック項目の洗い出しと分類から始め、自分なりの方法を確立することが提案されました。

大事なのは、チェック項目によって頭の使い方が違うのだから、それぞれに適した方法と順番を考えること。

たとえば、「読みやすさ」や「論理的矛盾の有無」といったいわゆる“翻訳チェック”の項目は、相応の能力があるチェッカーが逐一見ていくしか方法はなさそうです。一方、「スペルミス」「用語集/スタイルガイドの適用」「固有名詞、専門用語の統一」といったルールへの適合性の項目の確認はいわゆる“作業チェック”で、人間よりも機械(ツールやソフトウェアのチェック機能など)の助けを借りた方が確実でしょう。
チェックをする順番もよく考えなければ、ミスの見逃しや二次的な発生につながるおそれがあります。

また、自分なりの基準をしっかり持っておくことも大事です。
独りよがりの基準に頼ってチェックをしていないか。
仕上がった訳文について根拠を持って論理的に説明できるかどうか。
特に、チームで作業を分担する場合には明確に基準を定める必要があります。

いずれにせよ、目指すべきはミスの撲滅!
「人間だから間違えることもある」という甘えを捨て、どうしたらミスをなくせるかを真剣に考えて、より確実な方法を組み立てることが大切です。

(翻訳コーディネーター/翻訳者 山本 香)

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。

※ 2019-20年講座は、受講のお申し込み受付を終了しました(2019/12/1)。

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する