excitement and challenges ノボノルディスクCEOのレターから

 

企業の報告書にあるトップメッセージに、
読者はどのような期待を持っているのでしょうか。

成果や未達成に終わったことは、
後ろの詳細ページを読めばわかります。

それをどのようにとらえ、今後に生かそうと考えているのか。
未来は誰にもわかりませんが、その船(組織)がどこを目指しているのか、を
知りたいのかもしれません。つまりはその思い。

デンマークに本社を置く世界的なヘルスケア企業
ノボノルディスクのアニュアル レポート2015
CEOからのレターで、多用されているのが
excitement と challenges というキーワード。

excitement は、興奮やワクワク感。
例えば、錦織圭選手とAndy Marie選手のゲームを想像してください。
長いラリーの末、錦織選手がコートサイドからさらに外へ流れるショットを打ち、
長身のマレー選手でも届かなかった時の錦織選手の雄叫び。
身体で表さずにいられない喜び。

冒頭で、

昨年のレポートの私からのレターで2015年は、当社の92年の歴史の中でも
心躍ると同時に我々が試される年(exciting and challenging year)に
なるだろうと言ったが、まさにその通りであった。今にしてみると、
ワクワクする理由は多くあった。また、ほぼすべての課題に首尾よく対処できた。
(弊社抄訳)

と述べ、そして続く段落で、自分たちが成し遂げた多くの新薬パイプラインの
実績をexcitement と呼び、詳細に述べています。

では、challenges については? 価格交渉が難航し、例えばある薬品の
ドイツでの販売を中止するという苦渋の決断をしなければならなかったが、
提案された価格に合意すれば、糖尿病に苦しむ人々のための革新的な研究開発
ができなくなる恐れがあった、とあります。

達成できた業績を喜び、課題に粘り強く取り組み、必要であれば
しっかりとした根拠を持って決断する。そのような組織トップの率直さが
この2つのキーワードを使ってうまく表現されています。

組織代表のコミットメントや特集は、特にライターも力が入っていますので
世界の動向やインパクトのある英文表現を把握する1つの方法として有効です。

裏を返せば、日本企業のレポートもこのセクションが注目されると言うこと。
英語版のレポートもそのような認識で作り込んでいく必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加