civil society とは

2016 / 6 / 5 | 執筆者:二口 芳彗子 Kazuko Futakuchi

civil societyUnited Nations: Civil Society

先日、クライアント企業さまがマテリアリティの見直しを行い、
その英文を作る際に、ご相談いただきました。
これまでステークホルダーの定義でNGOやNPOを使用されていたのですが、
それを civil society とするようご提案し、採用されました。

ご提案した理由は、2015年9月に国連で採択された
SDGのための2030アジェンダで、NGOやNPOは使用されておらず、
これらの団体を意味する用語として、civil society が採用されていたからです。

国際議論の現場で多く使用されている用語を選ぶのは、ごく自然であるだけでなく、
現在はネット検索全盛の時代、キーワード検索でより多くのヒットを得ることができ、
「見つけられやすくする」効果もあります。

改めて定義を確認したところ、国連のcivil societyのページの初めに、
civil society は、政府や企業と共に社会を構成する「第3のセクター」である
と記載されています。

また国際通貨基金(IMF)は、civil society organization(CSO)という用語を、
さまざまな市民による組織に対して用いるとし、企業団体や、信念に基づく組織、
労働組合、地域社会グループ、NGO、慈善財団、シンクタンクが含まれ、
政府機関や企業、政治団体やメディアは通常含まないとしています。

世界保健機関(WHO)は、civil societyは
国家や市場のいずれとも異なる社会的な領域とみなされ、
非国家組織、非営利組織、ボランティア組織を表す用語として、
ますます認識されるようになっていると説明しています。

2030アジェンダの仮訳(外務省)では、
civil society =「市民社会」となっています。
2030アジェンダを日本語で読み解く際は、
文字通りに「市民による社会」と理解するのではなく、
上記のような国際議論での定義を踏まえて、
政治や企業とは異なる市民の組織と考えながら読むと
内容をより理解できるように思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する