bonding = 緊密な関係づくり

2016 / 6 / 12 | 執筆者:二口 芳彗子 Kazuko Futakuchi

bondingPhoto by Andy Morffew

世の中には、翻訳できない、つまり外国語で表現できない言葉があるようです。
米国に住む翻訳者の方から「面白いサイトがあるよ」と、
教えてもらったページ Lost in Translation ― 10 untranslatable words には、
スウェーデン語などの言葉に混じって、日本語が3つも。
10のうち3つですから30%とかなり高め?でしょうか。

美しいイラストと共に紹介されていたのは、

  • こもれび
  • 積読
  • 侘び寂び

確かに説明調でいくつかの単語を使ってなら、英訳できますが、
一言二言で表す表現が思いつきません。

その他にも、英語ネイティブの友人が以前「根回しという言葉は、英語にはないね」と
nemawashi と アクセントをつけて話していたことを合わせて思い出しました。

ところが、朝日新聞の日曜版「GLOBE」6月5日号の連載記事
『Breakthrough~突破する力』で、
保険監督者国際機構事務局長の河合美宏さんの記事に「!」の発見が。

国際規制づくりの第一線で活躍されている河合さんが、
意見をまとめるために、根回しや非公式な場でのきずなが重要なんです、と。
そして、英語で ボンディングと言うとありました。
スペルが知りたくて調べると、

bond
緊密な結びつき (bonding) を確立する
(リーダーズ英和辞典第2版より引用)

一方、なんとなく使っていた「根回し」を調べると、

大木を移植する1~2年前に、その周囲を掘って、側根の大きなものと主根とを残し、
その他の根を切り、細根を発生させ、移植を容易にすること。果樹の結実を良好にするためにも行う。
比喩的に、ある事を実現しやすいように、あらかじめ周囲の各方面に話をつけておくこと。

(広辞苑第六版より引用)

個人的には、根回しとbonding の間には少し距離があるように感じますが、
どちらも、時間をかけて丁寧に、しっかりとした関係を作ることをあらわすという点では
共通しており、TPOを選べば使える英文表現。

これまでの翻訳で、「つながり」を bond, link, connection としたことがありますが、
また1つ「生きている英語」を知ることができて、うれしい発見でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する