stranded assets = 座礁資産

2015 / 6 / 5 | 執筆者:二口 芳彗子 Kazuko Futakuchi

CTI2013

「座礁した資産って!?」

初めてこの言葉を目にした時の率直な感想です。
strand は船などを「座礁させる」という動詞。
I was stranded. とすると
「行き詰まった/にっちもさっちも行かなくなった。」
という悲痛な叫びになります。

座礁資産とは、状況の変化によって価値が毀損された資産。
現在そのリスクにさらされているのは、化石燃料に関する資産です。
英国の独立系シンクタンク・カーボン・トラッカー・イニシアチブ
この問題に着目し、化石燃料に関する投資が座礁資産となるリスクに、
投資家の注意喚起を呼びかけています。
5月にレポート要旨とプレスリリースの英日翻訳を担当いたしました。

化石燃料への投資がなぜ、座礁資産になるのか。
その背景には、気候変動リスクに対する世界の動きを見る必要があります。

・「2度目標」
2010年の気候変動枠組条約締約国会議(COP-FCCC)でのカンクン合意で、
「産業革命前の水準に比べ地球の平均気温の上昇幅が2℃を超えるのを
防止するために排出量が削減されるべき」であると確認。
COPではこの「2度目標」にむけて何をすべきかという議論が活発で、
1.5℃以内に抑えることができる可能性も検討されています。

・米国 の温室効果ガス排出規制案
2014年6月、米国環境庁(EPA)が温室効果ガス排出規制案を発表
CO2排出量の多い石炭火力発電への新規投資の取りやめや
発電所の早期閉鎖が米国で加速する兆しです。

・石炭火力発電所への投資から撤退の動き
2015年5月22日には、フランス大手保険会社アクサが
保有資産から石炭火力向け投融資をすべて排除すると宣言、
その規模は5億ユーロです。
Axa to divest from high-risk coal funds due to threat of climate change
5月22日英国ガーディアン紙より)

天然ガスや風力・太陽光発電のコストが低下する一方で
石炭火力発電所は、排水や廃棄物処理のコストが大きいことも
この動きに拍車をかけています。

オックスフォード大学の
Smith School of Enterprise and the Environment (SSEE)が
2012年に座礁資産プログラム(Stranded Asset Programme)を開始するなど、
様々なセクターの資産を
「システム上の座礁へと追いやる = 行き詰まらせる」環境関連のリスクについて
理解を深めるため、研究も進んでいます。

以下のサイトで、 3つの日本語レポートへのリンクをまとめています。
ぜひご覧ください。
過去プロジェクト事例 
化石燃料のリスクに関するレポート 日本語版

Image provided by Carbon Tracker Initiative

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する