new normal = 新たな常態

2015 / 6 / 24 | 執筆者:二口 芳彗子 Kazuko Futakuchi

actual_normal

normalは、日本ではカタカナで使われるほど浸透している言葉です。
usual, typical, or expected.
いつものとおり、標準的な、みんなが思っている通りの状態を表します。

new normalは、新たな常態・常識、という意味。
世界経済はリーマンショックから回復しても
以前のようには戻れない、との見方から生まれ、
構造的な変化が避けられない状況を示唆しています。

例えば、以下の英国ガーディアン紙の記事のタイトル。
Crisis is the new normal for weary Greeks
G7で今度こそ、長期的な解決策が打ち出されると期待していたギリシャ国民は
結局肩透かしをくらい「危機こそ新たな常態」と受け入れざるを得ない状況で
いい加減うんざりしている、と伝えています。

どのような変化も大きければ大きいほど、
人はそれから目をそらし「なかったことのように」ふるまおうとします。

でも、その変化が長く居座り続け、新たな秩序となるなら、
目をそらさずに、根本的な変化を自分たちから起こしていかなければなりません。

new normal を決意を持って受けとめ、
なぜそうなったのか、どうやったら抜け出せるかを分析すれば、
目指す方向を決めて、行動することができる。

どのような言葉にも光と影の部分があります。
人として、光の部分に焦点を当てて行動したいと考えますし
翻訳に携わる者として、その両方を理解しておきたいと考えます。

Photo by Kevin Dooley

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する