1+1>2

2014 / 4 / 30 | 執筆者:二口 芳彗子 Kazuko Futakuchi

seagull弊社での翻訳は、納期とボリュームによって1人から6人の翻訳者でチームを組んで行います。最近納期とボリュームのバランスが2人で編成するチームにちょうど良い案件をご依頼いただいたので、1つの文章を半分ずつに分けてお二人に翻訳を依頼し、その次の1週間でお互いの翻訳をチェック、という進め方をとりました。

このお二人、仮にカモメさんとネコさんと呼びますが(ご自分を動物に例えていただいたら、それぞれこのような回答でした)、面識はあったものの、同じ案件で翻訳者として一緒に参加いただくのは初めてでした。お二人を存じ上げている私は、きっとうまくいくはず♪とワクワクしながらお二人のメールのやりとりを拝見していました。

用語集をGoogleドキュメントで提供したところ、ご自分の担当部分で重要と思われる用語をどんどん追加し、どのような訳語が良いか意見交換しながら、確定して進めてくださいました。通常は、翻訳コーディネーターの方で確定していくのですが、2人の間であらかじめすり合わせが行われると、前半と後半で訳語にブレがなく、用語の統一もれもなく、結果的にお互いにとっても効率の良い翻訳作業となりました。もちろん、最終仕上げも大変効率良く進められたのは言うまでもありません。いつも完成度の高い翻訳を提出くださるお二人を見込んでのチーム編成でしたが、想像以上のチームワークが目の前で展開されました。

cat後で伺ったところ、子育てのことなど仕事以外についても話が弾み、楽しい3週間だったようです。カモメさんもネコさんも、小さなお子さんのママで、フリーランスになった時期も似通っているからでしょう。

フリーランスで翻訳を仕事とすると、時に「今日は仕事中、誰ともしゃべらなかった」なんてしょっちゅうで、知らず知らずのうちにストレスがたまる、と自分の経験から知っているので、お二人から感想を聞いてうれしく思いました。品質の高い翻訳が効率よく仕上がり、おまけにチームメンバーにとっても楽しいプロジェクト、このような機会をまた作っていきたいと考えます。

Photo by gaku0318

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する