streamline=「合理化する/簡素化する」

2011 / 1 / 19 | 執筆者:二口 芳彗子 Kazuko Futakuchi

steamline.jpg
Photo by Galeria des JoseLuisTam

「streamline」と聞くと、皆さんは何を連想されるでしょうか。

私はやはり、大海をすいすいと泳ぐ魚を思い浮かべます。
流体力学では「流線型」を指すことばですが、
実はこれを動詞として使うと
「能率的にする/合理化する/簡素化する/すっきりする」
という意味になります。
(例) We must streamline our organization.

ビジネスの世界でも頻繁に使われる単語で、
本質的なものを維持しながら、合理化するイメージが伝わってきます。

魚もひらひらと美しいカサゴ、色鮮やかな熱帯魚など様々ですが、
エコネットワークスが提供する翻訳はぜひ、流線型を目指したいと思います!

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。

※ 2019-20年講座は、受講のお申し込み受付を終了しました(2019/12/1)。

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する