国内外の環境・社会・サステナビリティにまつわる動きや新しい働き方に関する情報を、
エコネットワークスならではの視点でご紹介します。

過去の配信例

おはようございます。エコネットワークスです。
今月もメールニュース『ENWの視点』(第129号)をお送りします。


ーーーー目次ーーーー
▽お知らせ
▽エコネットワークス(ENW)の現場から
Sustainability Frontline サステナビリティをカタチに
Translators in Sustainability 伝わるコミュニケーションへの道
▽事例紹介
▽英語表現ワンポイント
▽サステナビリティ研究
▽「個」がつながる組織経営
▽ミニコラム「絵を描いてしりとり」

━━━━━━━━━━━━━━
▽お知らせ
━━━━━━━━━━━━━━

▼<予告>サステナビリティ翻訳トレーニング 2021年6月開講!

サステナビリティ翻訳トレーニングの次回予定が決まりました。
2021年6月から半年間のコースです。

募集要項の公開および受付開始は4月を予定しています。
もう少々お待ちください。

ご参考  前回の募集要項
【募集終了】翻訳トレーニング講座2020-2021を開講します
関連記事 
Interview:サステナビリティの最新動向を学び、翻訳に活かす
━━━━━━━━━━━━━━ ▽エコネットワークス(ENW)の現場から ━━━━━━━━━━━━━━ サステナビリティ支援に日々取り組んでいるENWのメンバーが、 それぞれの視点から気になるトピックをご紹介します。 <Sustainability Frontline サステナビリティをカタチに> ▼84%もの機関投資家が「生物多様性の損失をとても懸念している」と回答。 2年後に完成する“TNFD”の枠組みを待たず、先行した対応が求められます。
生物多様性がESG投資のメインストリームに TNFDに先駆けた対応を
▼元農水相の収賄事件の背景には、アニマルウェルフェア(動物福祉)の問題が。 平飼い卵の使用に転換するグローバル企業もあるなか、日本の遅れが目立っています。
世界最低ランクの日本 「平飼い卵」に見るアニマルウェルフェア
▼グリーンリカバリーに取り組むイギリス。 昨年11月に発表した「グリーン産業革命」の施策では、 最大25万人の雇用創出を目指しています。その中身とは?
ポスト・ブレグジットの英サステナビリティ政策の行方
<Translators in Sustainability 伝わるコミュニケーションへの道> ▼「模範」の意味で使われるexample。 力強く繰り返されたunity(結束)と同様に、新大統領の姿勢が表れています。
バイデン大統領の決意 unityとexample
▼世界経済フォーラムのグローバルリスク報告書が 今年も発表されました。注目は環境問題の危機感を訴える表現。 ウィズコロナ時代の空気が反映されています。
世界が直面しているリスク グローバルリスク報告書2021より
━━━━━━━━━━━━━━ ▽事例紹介 ━━━━━━━━━━━━━━ ▼サーキュラーエコノミーを自社に取り入れるには? そんなご相談をいただき、モビリティ業界の事例を調査。 欧米、アジア、アフリカなど、多様な地域の先行事例を分析し、 考察をお届けしました。
モビリティにおけるサーキュラーエコノミーの事業モデル分析
━━━━━━━━━━━━━━ ▽英語表現ワンポイント ━━━━━━━━━━━━━━ ▼日本語の文に頻出する「~など」。翻訳すると「etc.」? いいえ、単純には置き換えられません。 英語では「etc.」を多用しないことが推奨されます。
英語の「etc.」、使用は必要最小限に
━━━━━━━━━━━━━━ ▽サステナビリティ研究 ━━━━━━━━━━━━━━ ▼サステナブルな未来の担い手を育てる取り組みが各地で行われていますが、 エコネットワークスのパートナーにもワークショップや出前授業を行う人たちが。 今回は職員や外部協力者として学校教育に携わる2人の事例をご紹介します。 滋賀の小学校と東京の中学校での活動です。
日本の子どもたちに伝える世界の課題とサステナビリティ
━━━━━━━━━━━━━━ ▽「個」がつながる組織経営 ━━━━━━━━━━━━━━ ▼エコネットワークスの中期経営計画づくり、ただいま進行中! ・ダイアログとはなんだろう? ・話される言葉がカルチャーをつくる ・「多声性(たせいせい)」を大切に 試行錯誤の様子をご紹介します!
【対談】みんなのダイアログ(対話)で作る、エコネットワークスの中期経営計画
━━━━━━━━━━━━━━ ▽ENWメンバーのミニコラム ━━━━━━━━━━━━━━ 「絵を描いてしりとり」 先週の金曜日に経理チームのZoomおつかれさま会に飛び入り参加しました。 大切な業務を担っていただいているけれど、 業務フローが確立しているので、トラブルがない限りやりとりも発生しません。 その日は私を入れて4人。 幹事がイタリアの有機ワインとおつまみを手配してくれて 日頃のお礼を伝えたり、お互いの家族のことや近況などしばし歓談。 そういえば、仕事以外のことを話すのは初めて、と今更ながら思っていたら 突然幹事が「絵を描いてしりとり、やります!」と宣言。 4分割されたホワイトボードが画面に。 ここは先手必勝とばかりに 1番やります、と始まった結果がこちらです。 フラスコ→こひつじ→しまうま→まくら しかし、私が描いたのは(というか、伝えたかったのは) 「おにぎり」でした。三角しか伝わらなかった……。 画力を上げるので、また誘ってください! (Language Service Officer/二口 芳彗子) ━━━━━━━━━━━━━━ 今回のメールニュース(第129号)へのご意見・ご要望など、 ぜひ info_econetworks@econetworks.jp までお寄せください。(担当:近藤) Facebook:https://www.facebook.com/EcoNetworks Twitter: https://twitter.com/EcoNetworks ━━━━━━━━━━━━━━ 発行:有限会社エコネットワークス http://www.econetworks.jp/?utm_source=newsletter 私たちは、チーム・サステナビリティ。 世界100カ国以上に広がる、サステナブルな社会を志す 言語、環境、経済、文化、様々な分野のスペシャリスト集団です。 ━━━━━━━━━━━━━━ ※転送歓迎です。複製・転載時には事前にご連絡ください。 Copyright(c)2021 EcoNetworks Co. All Rights Reserved. ※メールニュースの配信停止はこちらからお手続きをお願いいたします。
メルマガ配信停止