生物多様性をめぐる議論の最新動向 愛知ターゲットとSDGs

2014 / 12 / 3 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa


photo by Dan McKay

以前エコネットワークスでは、
生物多様性に関する地球規模での状況を評価した
地球規模生物多様性概況第3版(GBO3)の和訳を
担当しました。

現在また、国際的な生物多様性に関する文書の翻訳を担当する機会があり、
最新状況について理解を深めようとグリーンエコノミーフォーラム主催の
セミナーに参加してきました。

「COP12・地球規模生物多様性概況・愛知ターゲットとSDGs/ポスト2015開発アジェンダ~SDGsの在り方・生物多様性に関する各セクターの取組みを考える~」
http://geforum.net/archives/648

生物多様性条約COP12での主要議題や、
2015年以降の国際的な開発目標である
持続可能な開発目標SDGsと生物多様性との関係性などが
セミナーの主なテーマです。

先日発行された地球規模生物多様性概況第4版(GBO4)で
中間評価がなされているように、
愛知ターゲットで示された20の目標の達成状況は
楽観視できる状態ではないのですが、

●生物多様性の話が自然保護・野生動物保護の話だけでなく、
持続可能な利用の観点から、貧困や開発と結びついた
議論が積極的に展開されていること

●生態系サービスの評価・数値化の精緻化が
少しずつ進んでおり、2018年に生態系サービスに関する
国際的な評価レポートがIPBESから発表されること

●企業の自然資本の情報開示の標準化の動き(CDPやNCC)が
今後数年で急速に進んでいくであろうこと

など、最前線の動向を知ることができました。

生物多様性に関する枠組みは、
気候変動の規制や拘束性を重視した枠組みとは異なり、
より各セクターの主体性を重視し、どのように
動機付けをさせていくかという観点が中心です。

良い面、難しい面の両面がもちろんあるのですが、
2015年9月の発表に向けて議論が進められている
SDGsの目標設定にも大きく影響を与えていくことが考えられます。

引き続き最新状況に注目したい分野です。

※2014年7月に出たオープン・ワーキング・グループ成果文書の仮訳が
IGESから出ています。改めて目を通してみたのですが、
かなり包括的な議論がなされています。まだの方は一読をお勧めします。

「持続可能な開発目標に関するオープン・ワーキング・グループの提案についての序論」
http://www.csonj.org/mdgsnews/owg-sdgs-japanese-translation

※この分野は言語面でも新しい用語がどんどん出てきています。
“biodiverse”という用語も、一見聞きなれているような気がしますが、
最近まで辞書になかった言葉です。
サステナビリティ翻訳HACKS:biodiverse = 「生物多様性豊かな」

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する