デトロイト市再建に1億ドル JPモルガン・チェース

2014 / 6 / 11 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa


photo by Rick Harris

米国大手金融機関のJPモルガン・チェースが
デトロイト市の再建に5年間で総額1億ドルを
拠出することになりました。

デトロイト市は2013年7月に
連邦破産法9条の適用を申請、
事実上の財政破綻となった市です。

事業拠点の1つとして80年以上の歴史がある
ミシガン州の企業市民として、
市の経済回復とコミュニティの再生に対し、
類を見ない規模の投資を行います。

JPMorgan Chase & Co. Announces $100 Million Commitment to Support Detroit’s Economic Recovery
http://investor.shareholder.com/jpmorganchase/releasedetail.cfm?ReleaseID=849183

具体的な拠出先は、

4000万ドルを2つの非営利の地域開発金融機関を通じて、
通常の銀行融資が受けにくい地域再生につながる
小規模ビジネスへの融資に。
さらに1000万ドルを両団体のキャパシティ強化に。

2500万ドルを、市内の劣化した建物の補修・再生事業に。
状態の悪い住宅を購入して利用する個人向けにも融資。

1250万ドルを人々のキャリア・能力開発に。

700万ドルを小規模ビジネス・起業家支援に。

550万ドルを市の将来の発展につながる
鉄道敷設などの事業に。

といったメニューとなっています。
Invested in Detroit’s Futureより)

1つの企業がこれだけの規模の支援を
市の再建に対して行うのは異例といえます。
またJPモルガン・チェースは資金面だけでなく、
従業員のプロボノ支援も同時に行うそうです。

市の財政破綻というのがどういう状態になることなのか、
実は私もあまり想像がついていませんでしたが、
国内で同様の状態にある夕張市の市長、
鈴木直道さんのインタビューが実像を掴む上で参考になりました。

市が変革に向かって走り出しているタイミングでの
企業からのこうした支援は、行政にとっても市民にとっても、
大きな支えになるのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する