Nike、Adidas、Pumaの3大サッカー関連製品から有害化学物質、グリーンピース

2014 / 6 / 5 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa


photo by Matt Preston

いよいよ始まるW杯。

試合そのものも注目ですが、NGOの関心の目は
大会スポンサーや製品サプライヤーにも向けられます。

サプライチェーンにおける労働者の
人権に対する批判はその1つで、
Adidasは大会提供製品のサプライヤー情報を開示するなど、
透明性向上への動きが見られます。

Greenpeaceが注目するのは、製品の化学物質。

世界3大スポーツブランドであるNike、Adidas、Pumaの
サッカー関連製品から、有害化学物質が
検出されたことを発表しました。

美しいプレーは、きれいなウエアから――有害化学物質検出のスポーツブランドにレッドカード
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/w/blog/49274/

シューズ、シャツ、グローブ、公式試合球など33点を
アルゼンチン、中国、メキシコなど世界各地のショップで購入し、
独立検査機関に送付して検査を実施。

パーフルオロカーボン類(PFCs)、
ノニルフェノール・エトキシレート(NPEs)等、
最大で自社基準の14倍を上回る値が
検出されたそうです。

グリーンピースはファッション・スポーツブランドに対して
有害化学物質の廃止を求める「デットクス・キャンペーン」を
2011年より実施しています。

2020年までの段階的廃止をNike、Adidas、Pumaの3社とも約束していますが、
遅れて参加したファースト・リテイリング(ユニクロ)の取組みに比べ、
段階的廃止計画などが進んでいないと
グリーンピースは指摘しています。

東京オリンピックが開催される2020年は、
化学物質の製造と使用による人の健康と
環境への悪影響の最小化を目指すSAICMの最終年でもあります。

日本の化学物質規制は、整備が不十分で欧米に比べ立ち遅れている状況です。
今後動きが加速していくことが期待されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する