イスラム圏で消えたキューピーの羽

2013 / 10 / 15 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

11feb-094043
photo by phozographer

中東だけでなく、
インドネシアやマレーシアなどに
広がるイスラム圏。

こうした地域に進出する企業は、
イスラム教の教えに抵触しないように
対策をしていくことが求められます。

代表的なものが、主に食品などを対象にした
ハラル認証」の取得。

第三者機関から付与される
イスラム教の戒律で許されているものであることを示すマークで、
海外に進出する大手や中小企業だけでなく、
国内でも観光客を受け入れるホテルや留学生が多い大学などでも
取得する事例が増えています。

しかし配慮したいのは、それだけではありません。

少し前のニュースですが、キユーピーは
イスラム圏で販売するマークに限って、
キューピー人形の羽をなくすことを決めました。

イスラム国は「羽なし」=規律に配慮、シンボルマーク変更-キユーピー
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201305/2013051700771&g=eco

理由は、キューピー人形のマークが天使を想起させるため。

天使はイスラム教ではムスリム教徒が
信じなくてはいけない6信の1つであり、
預言者ムハンマドの言葉を伝える
非常に重要な存在。

元々は2010年から政府機関の許可を得て販売を始めていましたが、
天使に似たマークを描くこと自体が問題視される可能性があるとする
宗教チェック機関の指摘を踏まえて、
変更を決定したそうです。

こうした宗教や文化を始めとする多様性の観点から、
世界で通用する表現、しない表現を学ぶ勉強会を開催しています。

あり?なし? 世界で通用しない表現勉強会〜人権・多様性の観点から〜

ご関心のある方はページ下部にあるContactよりお問い合わせください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する