Coca-Colaが途上国で展開する新型キオスク「EKOCENTER」に見る戦略

2013 / 10 / 3 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa


photo by Coca-Cola

安全な飲み水の確保は途上国において大きな課題です。

この度、Coca-Colaは2015年末までにEKOCENTERを通じて
5億リットルの安全な水を提供すると発表しました。

Coca-Cola Launches Global EKOCENTER Partnership to Deliver Safe Drinking Water and Basic Necessities to Rural Communities
http://www.coca-colacompany.com/press-center/press-releases/coca-cola-launches-global-ekocenter-partnership-to-deliver-safe-drinking-water-and-basic-necessities-to-rural-communities

EKOCENTERとは、同社が現在開発中の、
浄水設備を備えたキオスクです。


http://www.coca-colacompany.com/stories/ekocenter-how-it-works

農村地域に設置されたEKOCENTERは、
浄水設備を装備し、コミュニティに安全な飲み水を供給します。

さらには、地域のニーズにあわせ、
太陽光による電力供給や無線LANの提供、
ワクチンの冷蔵保存庫、健康教育や起業支援の
スペースなどとしても活用されます。

EKOCENTERの運営には、
地域の女性起業家を募集して新たな雇用機会を提供。

コカ・コーラが展開している女性の起業支援プログラム5by20
(2020年までに500万人の女性起業家を
同社のバリューチェーンを通じて育成するプログラム)の
ノウハウを生かしてサポートします。

このEKOCENTERを、2015年末までに
アジア・アフリカの20か国に約1500~2000台設置するとのこと。
現在は南アフリカで試験設置をしており、
新たにもう1台を今年末までに配備します。

DEKA R&D、IBM、McCann Health、NRG Energy、
Inter-American Development Bank Group、
Qualcomm Technologies、UPSと
多様な企業・団体とパートナーシップを組みます。

Coca-Colaが設置を中心になって進めていき、
それぞれが得意分野のノウハウを活かして
協力していくスキームです。

今後十年で、さらには数千台のEKOCENTERを
世界中に配備するとしています。

いいことづくめに思えるこの計画。
一度設置されれば、各EKOCENTERは
自立的に運営されていき、
同社の販売ネットワークとしても機能していくことを考えると、
とても戦略的なプログラムであるといえます。

#1
この取り組みに関して、先月末には
Twitterを使った1時間のQ&Aセッションが開かれました。
一般の人が誰でもプログラムの責任者に
質問ができるようになっています。
http://www.coca-colacompany.com/coca-cola-unbottled/twitter-chat-what-do-you-know-about-ekocenter
履歴はこちらから
https://twitter.com/search?q=%23ekocenter&src=typd&f=realtime

#2
EKOCENTERは、不要になったコンテナから作られています。

この「EKO」は、Coca-Colaが歌手のwill.i.amさんと
一緒に展開している不要になったものを生まれ変わらせる
キャンペーンEKOCYCLEから来ているものです。


http://www.ekocycle.com/about

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する