ゴールドマン・サックス 就学前教育支援にソーシャル・インパクト・ボンド

2013 / 7 / 5 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

painting a forest
photo by a.pasquier

ゴールドマン・サックスが幼少期の子ども向け教育に
融資をするソーシャル・インパクト・ボンドを立ち上げました。

Social Impact Bond For Early Childhood Education
http://www.goldmansachs.com/what-we-do/investing-and-lending/urban-investments/case-studies/salt-lake-social-impact-bond.html

ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)とは、
政府が民間と契約して社会性のある事業を行い、
成果の達成状況に応じて削減される費用からリターンを支払う
新しい債権の契約形態を指します。

たとえば、

●刑務所の服役者の支援事業を実施し、
再犯率が低下した場合に本来かかると想定される
費用の削減幅に応じて支払いを行う

●若者の就労支援を行い、就職率が高まったことで
削減されたコスト+納税者になることにより生み出された価値
に応じて還元する

といった仕組みで、英国や米国で導入が始まっており、
得られた成果に対して支払いをすることで、
公的セクターにとっては高い費用対効果が
実現できる投資の仕組みです。

今回のケースでは、ゴールドマン・サックスが
米国ソルトレークシティでコミュニティ団体などと連携し、
幼少期の子ども向け教育に融資を行います。

対象となるのは、落ちこぼれる恐れのある
子どもたちを対象とした就学前教育プログラム。

既存事業の規模拡大のために、最大700万ドル、
第1フェーズでまずは100万ドルを投資し、
今秋には新たに450人の子どもが参加できるようになります。

5歳以下の幼少教育に投資をすると、
その後の学校生活を子どもたちは順調に過ごすことができ、
高校卒業率の増加や犯罪率の減少につながることが
研究で示されています。

先日国内でもソーシャル・インパクト・ボンドに関する
シンポジウムが開催され、
日本でも議論が始まっています。

ソーシャル・インパクト・ボンドについて、詳しくは
ソーシャルインパクト・リサーチの熊沢さんの資料をご覧ください。

Sib説明資料 20130107
このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する