Golden Bookにみる欧州企業とステークホルダーとの優秀恊働事例集

2013 / 7 / 28 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

企業とステークホルダーの
パートナーシップ優秀事例を表彰する
CSRスキーム賞(European CSR Award Scheme)が
CSR Europeから発表されました。

CSR Europe celebrates partnership at European CSR awards for innovation and social and business impact
www.csreurope.org/node/1446

欧州30カ国のCSR推進団体が、
それぞれ自国での取組みを審査・表彰し、
合計63事例が事例集「Golden Book」にまとめられています。

欧州委員会の助成により今年初めて開催された同賞には、
中小企業部門259件、大企業部門490件の
合計749件の応募がありました。

応募条件は、
・最低1団体以上の、企業以外のステークホルダーと恊働していること
・「パートナーシップ、イノベーション、インパクト」の主旨に合致していること

社会とビジネスにもたらす価値、
ならびにそのモデルの複製のしやすさが
評価の基準です。

Golden Bookには、

・従業員のコミュニケーション能力向上を目的に、
2000語の外来語辞典を作成し、一般向けに公開したクロアチアCoca-Cola

・様々な理由により銀行口座をなくし、
銀行サービスにアクセスできなくなってしまった人々に対する
負債アドバイスを提供しているオーストリアの銀行

・13歳〜19歳の若手企業家育成を目指し
教育プログラムを展開するエストニアのエネルギー企業

など、様々な事例が掲載されています。

読み進めていくと、
ステークホルダーとの恊働におけるヒントや、
新しい発想が得られそうです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する