米国でサステナビリティ会計基準審議会が発足、進む非財務情報開示の基準作り

2012 / 10 / 31 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

年々高まる情報開示の要求に応え、
企業から発信される非財務の情報量は増えています。

一方、財務情報とは異なり明確な基準がないため、
他社との比較や評価を難しくしています。

そんな中、米国で非財務情報開示の基準を
策定することを目指す非営利団体、
サステナビリティ会計基準審議会(SASB)が発足しました。

Sustainability Accounting for a Sustaianble Future
http://www.sasb.org/

市場が発展するに伴い、会計基準や
アカウンタビリティーの必要性も変化します。

財務価値に関しては、
1934年に米国証券取引委員会(SEC)、
1973年には米国財務会計基準審議会(FASB)が設立されていますが、
今回のSASBの発足はこの流れに続くものとなります。

目指すのは、業種ごとに特化したサステナビリティ会計基準の開発と、
標準的な企業報告への導入。

まずは10セクター89業種のそれぞれで、
サステナビリティ課題の優先順位を数値で示す
「マテリアリティ・マップ」を作成します。

「サプライチェーン」「製品・サービス」「ビジネスモデル・イノベーション」
「リーダーシップ・ガバナンス」「環境」
「コミュニティ」「従業員」「顧客」
の8カテゴリー43の指標について、
ステークホルダーの関心と経済的影響の観点から評価・数値化。

それぞれの業種で最も重要だと判断された課題について、
SECに提出するフォーム10-Kでの情報開示に適した
業績評価指数を開発していくそうです。

マテリアリティ・マップの例
http://sasb.s3-website-us-east-1.amazonaws.com/

この動き、もちろんIIRCの統合報告との動きとも連動しています。

新しい基準開発や制度化が進む中、
日本企業はむやみやたらに全てを取り入れていくのではなく、
「どのような投資家に投資して欲しいのか」という点をまずは明確にした上で、
取り組むべきものには取り組み、止めるべきものは止め、
自律的な取捨選択の意思決定をしていくことが求められてきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する