KivaとVisa 米国内の貧困層支援に連携

2010 / 11 / 1 | カテゴリー: | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

オンラインでの小規模融資プラットフォームを通じ、
途上国貧困層への個人向け融資を実現したことで注目されている
Kiva関連のニュースが国内外であったので、
ご紹介します。

●米国 VisaがKivaと提携、1億ドルを資金提供

VisaがKivaとパートナーシップを組み、
米国内の小規模ビジネスを対象に
1億ドルの資金を拠出する旨を発表しました。

Kiva and Visa: A Partnership for U.S. Small Businesses
http://www.kiva.org/visa

Kivaは途上国向けの小規模融資として出発しましたが、
昨年から米国国内の貧困層にもマイクロローンを
提供することを目指して取り組みを進めていました。

国内最大のマイクロファイナンス機関
ACCION Texas-Louisianaを通じて、
ハリケーンによって被災をしてきた
メキシコ湾岸地域の小規模オーナーを支援することが
決まりましたが、Visaとの提携により国内支援の活動が
一層本格化しそうです。

●Twitterが新しいインターフェイスで少額融資をサポート

こちらは国内での動きです。

Twitterの新しいインターフェイスによって、
Kiva Japanが提供する起業家と起業家に対する融資情報が
Twitterの画面上に表示されるようになり、
Twitterを離れることなく融資ができるようになります。

Twitter、新インターフェイスで起業家への少額融資サポート
http://www.yomiuri.co.jp/net/news/internetcom/20101022-OYT8T00701.htm

融資を受けた人の写真や、ストーリー、
現在の融資状況、合計必要額、これまでの融資額などの
情報が全てTwitterの画面内で見られるとのこと。

海外で増えているソーシャルメディアとオンライン寄付の
連携事例が日本でも増えつつあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

    お名前
    メールアドレス
    企業名、団体名
    詳しく知りたい内容など

    プライバシーポリシーに同意する