Philips 中国農村地域のLED化プログラムに参加

2010 / 8 / 16 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

貧困地域・未電化地域の電化プロジェクトに
積極的に取り組んでいるPhilipsが
中国農村地域のLED化プロジェクトに参加する旨を発表しました。

今回Philipsが参加を表明したのは、
Climate GroupOne Foundationという2つのNGOによって
進められている”1000-Village Solar LED program”プログラムです。

“1000-Village Solar LED program”
http://www.theclimategroup.org.cn/news_and_events/tcg_news/2009-08-22
・2009年にスタート
・農村地域へのクリーンエネルギーの普及を目指す
・5年間で中国内外の1000の農村にてクリーンエネルギーの普及プロジェクトを実施
・初年度は中国の40の農村地域でLED技術を提供

LED_China_1.jpg

Philipsはプログラムの公式パートナーとして、
太陽光発電とLEDを搭載した道路照明など、
LED技術を活用した照明機器を提供していく予定です。
http://www.newscenter.philips.com/main/standard/news/press/2010/20100802_solar_led_china.wpd

同社は2015年までにサブ・サハラ地域に
持続可能なエネルギーサービスを供給することを目指すなど、
未電化地域を市場とみなし、積極的な取り組みを進めています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する