中韓アジア グリーン・ニューディールで経済・雇用回復

2010 / 5 / 21 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

UNEPが各国のグリーン・ニューディール政策と
経済・雇用回復に関する新たなレポートを発行しました。

“From Global Green New Deal to Global Green Recovery”
http://www.unep.org/Documents.Multilingual/Default.asp?DocumentID=624&ArticleID=6548&l=en&t=long

グリーン・ニューディール政策をはじめとした
環境による経済・雇用回復(Global Green Recovery)で、
中国・韓国をはじめとするアジア地域が
世界をリードしています。

●中国
・GDPの3%にあたる額を高速鉄道の建設に投資
・太陽光・風力などの再生可能エネルギー分野の成長を加速

●韓国
・CO2削減に600億ドルを2009年から5年間で投資
・2020年までに経済成長を加速し180万人の雇用を創出

UNEPは有効な環境投資の目安として、
「GDPの1%」と指摘していますが、

○米国…GDPの0.7%
○EU…0.2%

にとどまっています。

中国・韓国以外のアジア諸国の動きにも注目です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する