IKEAを職場に!キャンペーン

2010 / 5 / 27 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

ドイツのハンブルグで、
IKEAの新規出店に反対する活動が盛り上がっています。

反対派は出展予定地の廃ビルに住み込み、
連日音楽ライブを開催するなどして
建物を占拠してしまうスクワット運動を展開。
http://www.wirsindwoanders.de/files_ikea/index_list.php?seite=1&folge=00

※スクワット
squatter(不法占拠)が語源。
その名の通り、放置されたままになっている建物を
アーティストが制作活動する場・アトリエとして
利用するケースが多い。

こちらのアーティストのグループは
IKEAの出店により働く場所が奪われるとして、
IKEAのお店を職場にしてしまうアクションを実施。

urbanshit.deより転載

0_MG_0071.jpg

0_MG_0117.jpg

0_MG_0129.jpg

“パラサイト・オフィス”とでもいうのでしょうか。

IKEAの店員は強制退去を命じるのではなく、
コーヒーを振る舞うなどして寛大に対処したのだとか。。。

杓子定規な対応ではなく、
企業側にもクリエイティブな対話姿勢が求められます。

<参照>
The Pop-Up City
http://popupcity.net/2009/12/the-ikea-infiltration/

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する