HPのコンピューターは人種差別主義者?

2010 / 1 / 10 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

この度新しく発売された、
HPの自動顔認識カメラ搭載のラップトップPC。

こちらが「レイシスト(人種差別主義者)」ではないか、
ということで問題になっています。
http://diversityinc.com/content/1757/article/7027/?

発端はYouTubeに投稿されたこちらの動画。
白人の顔にはしっかりと機能する自動顔認識機能が、
黒人の顔には全く反応しません。

180万以上ものビュー数があり、
ソーシャルメディア上でかなり議論になっています。

注目したいのは、この件に対するHPの対応です。

HPは即座にコメントをブログ上で発表し、
そのような意識はないこと、
機能の改善に全力を注いでいる旨を伝えました。

TheNextBench
http://www.thenextbench.com/t5/Voodoo-Blog/Customer-Feedback-is-Important-to-Us/ba-p/51351

HPではソーシャル・メディアをステークホルダーと
対話するためのツールとして捉えています。

今回の対応も、即座に反応できるスピードと、
双方向での対話を重視して、
ブログ上でコメントを発表することを選びました。

「スピード」と「対話」。
ステークホルダーとのコミュニケーションに求められている
重要な要素です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する