CSR法制化を巡る動向-インドネシア

2009 / 3 / 17 | 執筆者:野澤 健 Takeshi Nozawa

CSRへの資源投下をどう考えるか、
という視点は特に現在のような経済情勢の中では
重要なポイントになってきます。

インドネシアでは現在、CSR関連への支出を
義務化する法律をめぐって、論争が起きています。

“Businesses demand CSR flexibility to stay competitive”
http://www.thejakartapost.com/news/2009/02/25/businesses-demand-csr-flexibility-stay-competitive.html

2007年、政府は鉱業や林業に関わる資源セクターに対し、
株式会社法案の第40-74条において、
CSR関連費用の予算計上を義務化しています。

——
株式会社法案の第40-74条
(1)資源セクターに関係する企業は社会的・環境的責任を受け入れなくてはいけない
(2)社会的・環境的責任は義務であり、企業会計に組み込まれなくてはいけない。実施にあたっては、基準に応じることとする。
(3)責任を全うしない企業は、関連する法により罰則を適用する
(4)規制の詳細については、政府の法令により定める
——

自然破壊の進行スピードへの危機感から、
すでに複数の地方政府が、同法案の厳格な適用を宣言しています。

一方、企業側には賛否両論があるようです。

インドネシア商工会議所(Kadin)は、
売上の2.5%を割くことを提言しています。

一方で、厳密に枠をはめることに反対し、
運用にある程度の柔軟性をもたせるべきという
主張も多くあります。

今月中に、同法案の法的見直しの請求に対しての
判決が出る予定です。

CSRを法制化した事例として、今後の動きが注目されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Sustainability Frontline もっと学びたい方へ

この記事で取り上げたテーマについてより詳しく知りたいという方は下記よりご連絡ください。より詳しい内容理解 / 勉強会でのライトニングトーク / 社内セミナーでの話題提供など、一緒に学びを深める機会を作っていきたいと思います。

お名前
メールアドレス
企業名、団体名
詳しく知りたい内容など

プライバシーポリシーに同意する