海外メディア向けアウトリーチご支援

2017 / 1 / 6 | 執筆者:EcoNetworks

「CSRの活動を海外の人にもっと見てほしいが何かいい方法はないか?」
とご相談をいただくことがあります。

CSRの取組みについてプロモーションをする場合
広告費を支払って有料のプレスリリースサービスや記事広告などを
活用するのも一つの方法です。

エコネットワークスでは別のやり方として、
強みであるネットワーク力やエンゲージ力を活かし、
ライターに直接アプローチして共感を醸成し、
メディアへの記事掲載を働きかけるアプローチをとっています。

・関心のありそうな大手メディアや環境・社会系メディアのライターを発掘し
・個人同士の関係性をベースに相手の関心に沿う形で取り組みについて案内
・「これは取り上げる価値がある」と思っていただけるよう社会的な意義をしっかりと伝える
・英語でのインタビューにも迅速に対応するなど、情報収集をサポート

することで、スポンサーコンテンツや広告としてではなく
メディアに「記事」として取り上げてもらい
より多くの読者に関心をもって読んでもらえる内容の発信をめざします。

直近では途上国での活動の発信をご支援し、
Guardianinhabitatを含めた
複数のメディアに記事が掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加