社会課題 簡易マテリアリティ調査

2016 / 1 / 8 | 執筆者:EcoNetworks

グローバルで事業を展開する企業様の社会面における重要課題特定をご支援しました。

・ガイドラインや宣言、調査報告書などの国際社会の要請
・ESG投資家や従業員などステークホルダーからの要請
・事業成長やリスクの観点からの取り組む必然性

以上の観点から社会課題の重要度を特定。

浮かび上がった課題をもとに既存の活動を振り返り、
今後取り組むべき方向性を考察する資料として活用いただきました。

スクリーンショット 2016-01-11 16.44.32
スクリーンショット 2016-01-11 16.42.27

GRI、ICRC、SASBほか、様々なガイダンスで「マテリアリティ」の重要性が
いわれていますが、共通の公式定義はなく、
概念もそれぞれ微妙に異なっています。

目的や用途を明確にし、それに適した手法を採用して
分析を行っていくことが重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加