「環境に優しい電子機器企業ガイド」日本語訳

クライアント:グリーンピース・ジャパンさま

背景

継続して調査を実施、環境負荷の低減に貢献

スマホなどIT製品を製造・販売するグローバルIT企業17社の環境への取り組みを評価した『環境に優しい電子機器企業ガイド』第19版が発表されました。同ガイドは、自然エネルギー導入によるCO2削減量、リサイクル材料の使用など資源利用、有害化学物質の除去という3つの観点から評価しています。

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンさまは、2006年から2012年にかけて同ガイドを定期的に発表、その結果、有害化学物質の廃止や、電子機器のエネルギー効率化といった確実な成果をもたらしています。

エコネットワークスはグリーンピースさまの監修のもと、第19版の日本語訳をご支援しました。

アプローチ

専門用語の訳出をリアルタイムでディスカッション

巻末の参考資料や過去のレポートを参照しながら、ベストの訳語を選択していきます。

エコネットワークスでは、複数名の翻訳者で進める場合、それぞれがリサーチした結果をGoogleスプレッドシートを使って共有・検討し、ベストな訳を迅速に決定。同時に訳語の統一も図ります。

英文初稿が出来上がると、チェッカーを含めチームでディスカッションしながら、正確で日本語として読みやすい訳文に仕上げます。

成果

クリーンなエネルギーを使う循環型ビジネスモデルへ

GoogleやAppleが自然エネルギーでデータセンターを稼働するなど、先進的な取り組みも進んでいます。限界に来ている「採取・生産・廃棄」という直線型のビジネスモデルから、資源を最大限に有効活用し、電子機器廃棄物(eウェイスト)を大きく減らしていく循環型ビジネスモデルへの転換が必要です。先進技術を駆使する国内外のIT企業にそのリーダーとしての役割を期待します。

国際環境NGOグリーンピース・ジャパン プレスリリース: 
グリーンピース、『環境に優しい電子機器企業ガイド』発表 ーー自然エネわずか1%のサムスンに、気候変動を悪化させないよう求める活動スタート
http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/press/2017/pr20171129/

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加