中国・欧州ステークホルダー・ダイアログ

クライアント:株式会社デンソーさま

背景

ダイアログを通じて、現地の取り組みを推進

グローバルでCSRの取り組みを推進していく上では、
海外支店を巻き込んでいくことが欠かせません。

そのために現地でのステークホルダー・ダイアログを通じて、
動機付けと方向性の確認を行い、取り組みの後押しを行いました。

アプローチ

欧州と中国でステークホルダー・ダイアログを実施

ハンガリーと中国でのダイアログをご支援しました。

参加いただく有識者の人選にあたっては
適切な知見を持っている、今後もアドバイスをいただける、などの要件を設定し、
現地パートナーと連携しながら実施していきました。

成果

2008年7月に、デンソーハンガリー(DMHU)で開催されたダイアログでは、
気候変動や環境と社会の課題のリンクなどをテーマに、
じっくりとした対話が行われました。

 2010年には、デンソー中国でダイアログを開催
1994年に中国での事業を開始し、24社の現地法人、
約1万名の従業員を抱える現地企業としてどのように社会的責任を果たすべきか、
有識者4名を招いて対話を行いました。

dialogue_koba

dialogue_noza

このエントリーをはてなブックマークに追加