Honda Face – 現場での努力の積み重ねを世界に発信

クライアント:本田技研工業さま

背景

最新の環境活動を海外へ発信

常に新しい環境課題に取り組むHonda。熱い想いを胸に、現場で地道な努力を続けている人々の姿を描くのが「環境ドキュメンタリーFace」。

(日本語)http://www.honda.co.jp/environment/face/
(英語)http://world.honda.com/environment/face/

アプローチ

不明点は率直にヒアリング

 エコネットワークスでは、技術に関わる専門的な内容や、独自の哲学に基づく経営用語について、わからないことは率直に質問し、正確なニュアンスを確認。英語圏の読み手に「伝わる」英語版へと仕上げます。

キャッチコピーは日本語版記事の真髄を損なうことなく簡潔にまとめます。

成果

『人』それぞれのストーリーへの共感と感動

2012年より、約8,000字の記事を年間約10本、海外への発信に向けて日英翻訳をご支援しています。2013年1月にHondaが「環境goo大賞」の「地球温暖化対策賞」を受賞。その受賞理由の一つに、研究所や製作所の従業員の方々などの『人』にフォーカスし、環境課題へのチャレンジをドキュメントタッチに描いた「Honda Face」に非常に共感できることが挙げられています。

編集長である、環境安全企画室・技師の加藤久氏へのインタビューもあわせてご覧下さい。Hondaは、Faceで、どんなコミュニケーションを行っているのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加