生物文化多様性シリーズブックレット 日英翻訳

2016 / 6 / 4 | 執筆者:EcoNetworks

booklet

『白山ユネスコエコパーク―ひとと自然が紡ぐ地域の未来へ―』(生物文化多様性シリーズ」ブックレット第2弾)

国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(OUIK)さまは、2008年の設立以来、石川県内の世界農業遺産(能登の里山里海)、ユネスコ創造都市(金沢市)、白山ユネスコエコパーク(石川県、富山県、福井県、岐阜県)などと連携し、生物文化多様性を保全する取り組みを地域が主体的に取り組めるように、政策提言や調査研究活動を通じて様々なステークホルダーを支援されています。

その一環として2016年5月、白山ユネスコエコパークの地域資源や様々な取り組みを見直し、世界に発信するツールとして「白山ユネスコエコパーク-ひとと自然が紡ぐ地域の未来へ-」(OUIKブックレット、生物文化多様性シリーズ2)を刊行され、弊社で日英翻訳をご支援いたしました。

白山周辺の地域の豊かな自然と恵み、それらを活かす知恵と暮らし、霊峰白山への信仰の歴史などが詳しく述べられています。

白山ユネスコエコパークは、移行地域の拡張登録が第4回ユネスコエコパーク世界大会に合わせて開催された第28回MAB計画国際調整理事会(2016年3月、ペルー・リマ)にて承認されたところであり、今後さらに活動が活発になると期待されます。

このブックレットが、世界のユネスコエコパーク(Biosphere Reserve)の学び合いのツールとして活躍することを期待します。

関連サイト
国連大学サステイナビリティ高等研究所
いしかわ・かなざわオペレーティング・ユニット(OUIK)について
http://ias.unu.edu/jp/research/operating-unit-ishikawa-kanazawa-ouik.html#outline

このエントリーをはてなブックマークに追加