妥協しない姿勢を伝える表現 ~ユニリーバの人権への取り組み~

2019 / 5 / 23 | 執筆者:山本 香 Kaori Yamamoto

世界に先駆けて2015年に人権報告書を発行したユニリーバ。その後も2017年に第二版を発行するなど、積極的に取り組みを続けています。

これはユニリーバが特定した8つのsalient human rights issues(顕著な人権課題)。同社のHPには、課題ごとに目標に向けた進捗状況がまとめられています。

全体的には事実を簡潔に伝えているという印象ですが、方向性が語られている部分では、妥協を許さない強い覚悟を感じさせる表現が目を引きます。

中でも印象的なのがzero
たとえば、差別に関して次のように書かれています。

Zero tolerance of any form of discrimination … is embedded in the policies…
(試訳:いかなる差別も一切認めない姿勢を各方針で徹底させています。)

また、安全に関する次の英文はonlyと併せることでより力強い表現になっています。

The only acceptable aim is zero accidents.
(試訳:唯一受け入れられる目標は事故ゼロです。)

zero以外にも、バリエーションとして同じ引き出しに入れておきたいこんな表現もありました。

Human rights abuses are unacceptable.
(試訳:人権侵害は一切許されません。)

The right to a safe and healthy work environment is non-negotiable.
(試訳:安全で健康的な労働環境の権利には交渉の余地はありません。)

当然文脈に応じた使い分けは必要ですが、これらの表現を緩く関連づけて整理しておくことで、いざというときにより柔軟なご提案ができるようになるはずです。

これからも、日々目にする文章からキラリと光る表現を盗んでコツコツと蓄積していきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
※ 受講のお申し込み受付を終了しました(2018/10/31)。

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する