インパクトのある表現 ~fuel 「火を付ける」「あおる」~

2018 / 11 / 26 | 執筆者:山本 香 Kaori Yamamoto

Photo by Adam Vogel

ある企業のガバナンス関連の文章で、翻訳者が訳した英文に目を引く表現を見つけました。

(原文)取締役による健全で活発な議論
(訳文)healthy, lively debate fueled by directors

fuelは、動詞では「燃料を注ぐ」という意味が広く知られていますが、英英辞典を見ると、To support or stimulate the activity or existence of (American Heritage Dictionaryより引用)という定義もあります。

また英和辞典には、「たきつける」「火を付ける」「あおる」など、fuelから連想しやすい表現が並んでいます。

上記の文のようにdebateと合わせて使うと、それこそ、その場の熱量が伝わるようで、文脈にピッタリだと感じました。

このfuel、他にはどのような使われ方をしているのだろうと調べてみたところ、次の文章を見つけました。

 ”No one can solve the problem of plastic pollution alone, but together we will fuel global change”
(試訳)「プラスチック汚染の問題は一人では解決できないが、力を合わせれば世界的な変化に火を付けられるだろう」

国連環境計画がプラスチック汚染のプラットフォーム発足を発表した際の事務局長の挨拶にある一節です。

この場合のfuelの代案のひとつとしてpromoteも考えられますが、上記の文脈のように、これから大きく変えていこうと力強く訴えたい場面では、やはりfuelの方がインパクトがあり、その先の広がりがイメージしやすいでしょう。

全体のトーンに溶け込む表現でそろえるばかりではなく、こうした際立つ表現を上手く使いこなせると、さらに効果的なコミュニケーションにつながります。

加減がとても難しいところではありますが、自分の表現の引き出しを充実させるとともに、原文執筆者の意図を注意深く感じ取る力もつけて、より良いご提案ができるように努めていきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

環境やサステナビリティの分野を専門とする翻訳を志す方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、受講者の方のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
※ 受講のお申し込み受付を終了しました(2018/10/31)。

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する