海のプラスチック汚染を減らすには

2018 / 7 / 31 | 執筆者:Yukiko Mizuno


Photo by Ian Burt

最近、ニュースでよく耳にする海洋プラスチック汚染の問題。なかでも注目されているのがマイクロプラスチックといわれる直径5mm以下の小さなプラスチックです。

マイクロプラスチックは、小さいがゆえに、広範な種類(サイズ)の生物に摂取されます。グリーンピースが2016年に発表した報告書『Plastics in Seafood』には、海産物にマイクロプラスチックが含まれる頻度や、マイクロプラスチックを摂取することによる物理化学的な影響などについて、これまでの研究がまとめられています。最近の研究によれば、マイクロプラスチックはサンゴの成長にも悪影響を与える可能性があるようです。

こうした海洋プラスチックごみの問題に関連して気になるのが、biodegradable(生物分解性)をうたった製品の効果です。従来のプラスチックをこうした製品に置き換えれば、環境影響は低減されるのでしょうか。

米国環境保護庁のサイトでは、Biodegradableという言葉を以下のように定義しています。

The ability of a substance to be broken down physically and/or chemically by microorganisms.

つまり生物分解性の製品は、微生物が存在し、適切な条件があれば「分解しうる」ものです。国連環境計画は2015年の報告書で、生物分解性プラスチックの分解は海洋環境では進行に時間がかかることを指摘し、海洋ごみの減量や環境影響の低減効果は小さいとしています。根本的な対策として、やはり廃棄されるプラスチックの量を(生物分解性かどうかを問わず)減らすことが大事だと思います。


Biodegradable Plastics & Marine Litter, UNDP

先日のブログでプラスチック代替素材について紹介しました。国連環境計画でも最近、海洋プラスチックごみを減らすうえでのこうした素材の可能性について分析した報告書を発表しています。また、スターバックスはプラスチック製の使い捨てストローの使用を2020年までに全廃すると発表、シアトル市は7月1日に、プラスチック製の使い捨てストローなどの提供を禁じる条例を施行しました。こうした取り組みが、ほかの企業や自治体にも広がっていくことを期待します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する