環境を守る―訳語の変化や違いの研究

2018 / 7 / 31 | 執筆者:Futakuchi Kazuko


Photo by “Fiji Marine Conservation” by Frontierofficial is licensed under CC BY 2.0

「環境を守る」「環境保全」と聞いて、皆さんの頭に浮かぶのはどんな英語でしょうか。
よく見かけるのは、以下の3つ。
1. protect the environment / environmental protection
2. conserve the environment / environmental conservation
3. preserve the environment / environmental preservation

英英辞典でニュアンスを確認しながら、それぞれの違いを比較してみます。

1. protect
protect は、危険物やケガ、ダメージ、敵など「何らかの危険から保護する」ことを表し、
guard(護衛する)、shield(遮断する)と同義で使用することもある動詞です。
Merriam-Webster

米国環境保護庁(Environmental Protection Agency)が設立されたのは1970年。
大気汚染や水質汚濁などさまざまな環境破壊が表面化し、
国際的な議論も活発になった当時は、破壊から環境を保護することが
環境対策だったことが伺えます。

2. conserve
conserve は「安全で健全な状態に保つ」「大事に使う、浪費しない」ことを表し、
Merriam-Webster の例文として
conserve natural resources 自然資源を大切に利用する
conserve our wildlife 野生の生き物を守る
が、挙げられています。

3. preserve
preserve は protect と同義で「保護する」ことを表すほか、
「できるだけ元の状態のまま保存する」
「変化しないように維持する」ことを表し、
例えば遺跡の保存や食物を腐敗から守る場合に使用されます。

◇ ◇ ◇ ◇ ◇

ENWの翻訳チームでは、環境保全の訳語としてconserveを使用しています。
翻訳を監修いただいた生物多様性の研究員の方も、
biodiversity conservation を選択されており、
環境保全に関する専門資料で圧倒的に多いためです。

現在の環境活動は、自然環境からの恵み(自然資本)を効率的に活用しながら、
健全な状態に保つことを目指すフェーズとなっており、
単に保護する(protect)フェーズは卒業したと考えます。

preserve を使用している例も見かけますが、
プリザーブドフラワーが一般的になっていることもあって
形状や色が「生きている時のまま保存」されているものの
「生きていない」ニュアンスを避けたいので、使用を避けています。

クライアントが表現したいニュアンスを最優先しながら
コンテクストによりふさわしいアップデートされた用語の選択を心がけます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する