プレイン・イングリッシュII:事例紹介

2018 / 6 / 22 | 執筆者:Masako Maeda

昨年ブログでご紹介した米国証券取引委員会(SEC)の『A Plain English Handbook』。
巻末でいくつかの文書を取り上げて、具体的な改善例を提示しています。

「分かりやすさを最重視し、平易な単語や表現、構造を意識的に使う」
無用に複雑・難解な文書を、プレイン・イングリッシュでどこまでシンプルにできるのか?

ひとつの例として、MBNA Master Credit Card Trustという米国企業の開示文書が取り上げられています。表紙ページの改善案がBefore/Afterで分かりやすく示されているのですが、同じ情報を含む文書とはとても思えません。テキストの量が大幅に少なくなっています。

元の文書に対して、次のような厳しい指摘が入っています。

・1文、1行、1段落が長い
・曖昧/専門家にしか分からない用語が多い
・表紙ページにいらない定義語が多い
・一般的な言葉にも不要なキャピタライズをしている
・受動態が多く、文が余計に長くなっている
・大事な情報がどこにあるのか分かりづらい

<Before>

これに次のような改善を加えています。

・注目してほしい情報を左の囲みに明記
・平易で具体的な日常語、能動態を使う
・段落を短く、箇条書きに
・主な事項(ここでは3つ)に情報を分類
・定義語を使わない
・不要なキャピタライズをしない

<After>

本当に必要な情報はこれだけだったのか、と驚かされます。

極端な例かもしれませんが、文章をそれらしく、専門的に、あるいは格調高く見せようと、無意識のうちに過剰な説明を加えたり、難しい言葉を使ってしまうことはよくあります。手元の情報を絞り込んで簡潔な文書を作成するのは、たしかに容易ではありません。

しかし誰が見ても<Before>より<After>の文書のほうが、手に取ろうという気になるのではないでしょうか。「もっと簡単に言えないか?」「もっと短く言えないか?」と自問することを忘れずに、ハンドブックが推奨するような”clearer and more informative documents(明瞭かつ有益な文書)”の作成を目指したいものです。

Images from “A Plain English Handbook – How to create clear SEC disclosure documents” The Office of Investor Education and Assistance, U.S. Securities and Exchange Commission, August 1998

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する