Gender parity — 数から始めるequality

2018 / 6 / 11 | 執筆者:Futakuchi Kazuko


UN System-wide Strategy on Gender Parity

議会選挙で男女の候補者数をできる限り「均等」にするよう政党に求める
候補者男女均等法が5月23日、公布・施行されました。
国会と地方議会の議員選挙を対象に、
「男女の候補者の数ができる限り均等となることを目指す」と規定し、
女性議員を増やすように促す初の法律ですが、
政党とその他の政治団体の努力義務にとどまり、強制力はありません。

一方、世界では、50・50のジェンダー・パリティを目指し、
実現する動きが生まれています。
2017年秋、グテレス国連事務総長が「国連システムのジェンダーパリティ戦略」を発表し、
最高幹部レベルは2021年までに、PKO要員を含むシステム全体でも
2028年までに、パリティ達成の計画が発表されました。

そして今年の1月、国連幹部44名のうち23名が女性となったことが発表され、
実質的に達成に向けて進んでいることが伺えます。

女性の参画を増やすことでより多様な人々、特に社会的に弱い立場の人々の声が
政治に反映される、との声が聞かれます。

パリティは「均等」、数が同じであること。
平等 = equality 実現の第一歩。まずは数から変えていく。
数字は分かりやすく、説得力もあります。

ジェンダー・パリティへの動きがやっと始まった日本。
昨今の事件を思うと、子どもたちが健やかに成長するために、
必要な保護が受けられる社会を切に願います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する