文章にリズムとウィットを(続編)~パラレリズム

2018 / 1 / 6 | 執筆者:EcoNetworks

“Parallel Flight” by Chris Shervey is licensed under CC BY 2.0

以前のブログで、文章にリズムとウィットを持たせるテクニックをご紹介しました。

今回は、同じ構造の句を並べるパラレリズムという手法をご紹介します。

皆さんよくご存知の、Think globally, act locally.(地球規模で考え、足元で行動せよ)。
ドラッカーの名言としても知られるこのフレーズは、たった4語でありながら、
「動詞+副詞」と構造をそろえ、「globallyとlocally」を対比させることで強く訴えかける表現です。

昨年末に読み込んだ、コンサルティングのグローバル企業アクセンチュアのCorporate Citizenship Report にも、その他の例として是非ご紹介したい文章を見つけました。

In 2014, we launched Conduct Counts, a program that creates global standards of behavior for employee conduct that are culturally sensitive and locally relevant.
(仮訳)2014年、私たちは、文化的な違いに配慮し、各地域にとって意義ある従業員の行動に関する世界的な基準を作成するプログラムConduct Countsを始めました。

culturally sensitiveとlocally relevant、同じ構造の2つの句を並置させてリズムを出すとともに、globalとlocal(ly)で対比を効かせることで読者の意識は自然とその関係性に向けられます。情報量の多さにもかかわらず、簡潔でリズミカルな表現です。

この手法は、日本語にも適用できます。たとえば、『大転換~新しいエネルギー経済のかたち』(レスター・R・ブラウン著)という本の帯にある以下の表現。

加速する世界
逆行する日本

動詞の形まで「(熟語)+する」にそろえ、「世界」と「日本」の対比を際立たせています。
再生可能エネルギーへの転換が世界中で進むなか、日本はいまだに化石燃料によるエネルギー開発を進めているというこの本の主旨を端的に言い表しています。

このようなテクニックは一朝一夕に使いこなせるようになるものではありません。
さまざまな文章に触れる中で日々良い表現を蓄積させ、ここぞというときに使えるよう備えたいと思います。

なお、パラレリズムについては、以前ご紹介した『A Plain English Handbook』 の34ページに分かりやすく説明されています。併せてご覧ください。

(翻訳コーディネーター/翻訳者 山本 香)

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する