数値の英語表現 基準を明確に

2017 / 7 / 3 | 執筆者:EcoNetworks


企業が発行するさまざまな報告書の中で、数値データの進捗報告は投資家からも特に注目される重要な部分です。翻訳の際も、間違いのないよう細心の注意を払うのはもちろん、いかにして効果的に伝えられるかを常に意識しています。

CSR報告書の英訳をご支援していたときのこと、以下の原文に対して、次の英文をご提案しました。

(原文)今年の包装使用量は3万トン、対前年比97%でした。
(提案訳)We used 30,000 tons of packaging in this year, a 3% year-over-year reduction.

包装使用量を削減する取り組みを進めているこの企業にとって、特に注目して欲しい数値は「97%」ではなく、削減分にあたる「3%」。昨年を基準にして、どれだけの変化があったかに焦点を当てた英文としました。

もうひとつご紹介したいのが、ネスレの報告書Nestle in society の2015年版2016年版の次の表現の違いです。

2015年
8% achieved towards a 10% overall sodium reduction objective
(試訳)ナトリウム10%低減目標に対して8%低減を達成
2016年
10.5% achieved over our 10% sodium reduction objective
(試訳)ナトリウム10%低減目標を上回る10.5%低減を達成

2015年版ではtowardsを使って、「ナトリウム10%低減」という目標(=基準)に向かいつつ8%のところまできていることを表し、2016年版ではoverを使って、目標をついに上回って10.5%低減を達成したことが分かりやすく表現されています。

数値の報告では、まず基準を明確にし、そして、その基準に対する現在地を伝えることが大切です。
この視点を忘れずに、翻訳チームで今後もより良い表現を追求していきたいと思います。

(翻訳コーディネーター/翻訳者 山本 香)

Photo by woodleywonderworks

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する