1人でもthey areでOK AP通信が新ルール

2017 / 7 / 2 | 執筆者:Futakuchi Kazuko

米国AP通信は、その最新のスタイルブックで性的に中立な単数形代名詞として they を使用することを認めました。

AP通信によると17年度版の同書では性的少数者を表す際には he や she ではなく名前や職業を用い、他に言い換えられない時のみ they を使うとする。続く be 動詞は三人称複数と同じ「they are」とし、文脈で誤解のないようにする。(毎日新聞2017年5月18日より

このニュースを知った時、「これで翻訳が楽になるかも」と単純に考えました。というのも、これまで日本語原稿に性別に関する情報がない場合は、長くなってしまうものの、he or she とする必要があったからです。(もちろん、確認できる場合は he/she どちらかにしてきたのですが。)

しかしAP通信のメディア広報ディレクターのローレン・イーストン氏の投稿を見ると、それほど単純ではなさそうです。

当人が男性/女性としてのアイデンティティを持たない、あるいはhe/sheを使わないことを希望する記事では、

・代名詞の代わりに名前を使用したり、可能な限り言い換えること
例:a person(ある人)、the victim(被害者)、the winner(勝者)
・三人称単数の代名詞として theyを使う場合は本人の希望によりと説明すること
・その際、 2人以上を意味しないように表現に注意すること

と、いくつか条件があります。

さらに、使用はあくまで限定的、代替表現があまりにも違和感がありぎこちない場合のみ。その理由として、多くの読者にとって、単数形のTheyは馴染みがないため、とあります。

メディアは、社会の最新動向を常に追いかける立場ですが、読者と同じ視線で物事をとらえることも必要です。読者の共感を呼び、社会の課題が読者自らの問題となれば、社会を変える動きにつながる可能性が広がります。AP通信の慎重な姿勢も、文字通り仲介者(media)としての自らの役割をしっかりと認識しているからでしょう。

さて、翻訳ではどうするか?

英文では、基本的にこれまで通り、しかし文脈によっては、このAP通信のスタイルブックのルールを紹介し、単数形の they を使用するかどうか、お客様と相談していきたいと思います。

和文は、「彼/彼女(ら)」と訳出するとかえって直訳調でぎこちない場合も多いため、これまでも文脈で伝えたり、「その~/本人/自ら」のように言い換えてきました。今後は、さらにそのような対応を意識的に行うことになるでしょう。

上で紹介したイーストン氏の投稿に「Clarity is a top priority./明瞭であることが最優先する。」とあります。翻訳でもそれは変わりません。その上でより性的に中立な表現を選択していきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

翻訳トレーニング講座 受講者募集中!

あと少しでお仕事ができるという方の成長をサポートする翻訳講座「サステナビリティ翻訳トレーニング」。実際にご依頼いただくことの多い報告書や資料に類似する内容を課題とし、「環境・サステナビリティの分野の翻訳で活躍したい」方々のレベルアップにプロ翻訳者でもある講師が伴走します。
(2017年11月開講コースは受付を終了しました。2017/11/01)

言葉にまつわるエトセトラを募集中!

この単語の訳にいつも頭を悩ませる……よりよい英語表現が知りたい……
このブログで取り上げてほしいワードがあればこちらよりご連絡ください。

お名前
メールアドレス
取り上げてほしいワードなど

* 内容についてお問い合わせをする場合があります
* すべてへのお答えをお約束するものではありません
* CSR、サステナビリティ分野の内容を優先します

プライバシーポリシーに同意する